论文代写-英语日语韩语德语俄语法语
论文翻译-英语日语韩语德语俄语法语
论文修改-英语日语韩语德语俄语法语
代写作业代考试题考卷-英语日语韩语德语俄语法语
作文报告申请书文章等代写-英语日语韩语德语俄语法语
研究计划书代写-英语日语韩语德语俄语法语
西班牙语意大利语论文代写翻译修改
论文发表-英语日语韩语德语俄语法语
英语 English
日语 日本語
韩语한국의
法语 Français
德语 Deutsch
俄语 Pусский
西语 Español
意语 Italiano
·英语论文 ·日语论文
·韩语论文 ·德语论文
·法语论文 ·俄语论文

名称:智尚工作室
电话:0760-86388801
传真:0760-85885119
手机(微信):13380876598
地址:广东中山市学院路1号
网址:www.zsfy.org
E-Mail:cjpd
@vip.163.com
商务QQ:875870576
微信二维码

业务联系
隐藏文章
創刊の辞―医療社会学の通常科学化をめざして
添加时间: 2011-4-3 9:14:11 来源: 作者: 点击数:5060

――――――――――――――――――――――――

医療社会学研究会ニューズレター 創刊号

2008/09/27

(編集・発行)

医療社会学研究会

龍谷大学社会学部黒田研究室

520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5

tel/fax 077-543-7601

email sttng-commander-data@mail.ryukoku.ac.jp

――――――――――――――――――――――――

Ⅰ.創刊の辞―医療社会学の通常科学化をめざして―

医療社会学研究会は,1992年ころから,医療社会学者の黒田浩一郎を幹事として,大阪の地で月24回の研究会の開催と,何冊かの本の出版(黒田浩一郎編『現代医療の社会学』世界思想社,1995年,佐藤純一・黒田浩一郎編『医療神話の社会学』世界思想社,1998年,黒田浩一郎編『医療社会学のフロンティア』世界思想社,2001年)を行なってきました。2007年中頃に,研究会のそれまでの活動を見直し,医療社会学のさらなる通常科学化を目指して――そのあり方やその実現の方策の検討を含めて――下記のような活動を展開していくことにしました。

1.メーリングリストsocio-medの運営

研究会メンバーの間での情報伝達・交換,ディスカッションの場として。

2.研究会活動

(1)定例研究会

23カ月に1回の頻度で京都で開催。ゼミナールまたは学会発表形式で研究・活動などの発表。

(2)ワークショップ・セミナー

年に12回の頻度で開催。関西で12日して。3月末の土・日に開催する春期ワークショップは,特定テーマを決め,文献の検討を通して,医療社会学がそのテーマにどのようにアプローチできるか/すべきかをディスカッションする。

3.ニューズレターの発行

34カ月に1回の頻度で。4.のホームページを通じて配信する。

4.ホームページの作成

ニューズレターの内容を中心に,徐々にホームページを充実させていくという方針。

5.本の出版

研究会で企画・編集する本の出版。研究会メンバーに寄稿を依頼,あるいは研究会メンバーから寄稿者を募って,共著の形で出版する。

ところで,冒頭に,この研究会は「医療社会学のさらなる通常科学化を目指して」いると書きましたが,「通常科学化」というタームで考えているのは,次のようなことです。「医療社会学」(「健康と病気の社会学」,「保健医療社会学」「健康(の)社会学」と呼ばれることもあります)は,「社会学」というディシプリン(学問)の中の専攻領域であり,その意味で,「医療社会学」は,サブ・ディシプリンというべきものですが,その専攻領域の「研究者」がある程度いて,そのような「研究者」を採用するポストがある程度あって,そのポストに就いた「研究者」が,その職務として,研究,教育(研究者養成を含めて),社会的貢献などの活動をさかんに行っている,という状態が「通常科学」であり,そのような状態に近づいて行くことが「通常科学化」です。この意味での「通常科学化」は,「医療社会学」のような専攻領域の場合,2つの競争の中で達成されなければなりません。ひとつには,社会学の中の他の専攻領域との競争があり,もうひとつには,研究対象である医療の世界のディシプリンや,医療を対象とする社会学以外のディシプリンとの競争があります。研究会の基本的な認識は,「医療社会学」は,我が国においては,こうした競争に勝ち抜いて,「通常科学」と呼べるようなものにいまだなっていない,というものです。

医療社会学研究会としては,このような意味での「医療社会学」の「通常科学化」に何らかの貢献を行っていきたいと考えていますが,会の形態としては,研究・教育機関や学会のようなフォーマルで,かつ集団としてそのメンバーシップが明確なものではなく,定期・不定期に集まる研究会や,本の出版といったマスメディアや,メーリングリストやホームページなどのインターネットメディアなどの複数のメディアを通じて,「医療社会学」の研究者や研究者をめざしている人,「医療社会学」の研究成果の利用者,何か利用できるものがありそうだと感じている人がネットワークとしてつながっているものを考えています。また,会の活動内容としては,「医療社会学」の研究,教育,社会貢献の向上に資するようなものを考えています。

このニューズレターの発行もその一環として,最新の文献の紹介,医療社会学のモデルシラバスやモデルリーディングスの提示,医療社会学の研究テーマ・課題や研究ティップスの提供などを盛り込んでいく方針です。

(研究会幹事:黒田浩一郎)

Ⅱ.運営会議

研究会では,2ヶ月に1度の頻度で運営会議を開催しています。研究会の活動の企画を行います。メンバーにはオープンされていますので,メンバーであれば,出席には事前の届出や承認の必要はありません。2008年度の今後の開催予定は以下の通りです。日時や場所の詳細はメーリングリストsocio-medで案内します。

1011(土)11:30~,京都タワーホテル8Fロビー

11 6(木)18:30~,場所は未定(大阪梅田近辺で)

12 6(土)11:30~,京都タワーホテル8Fロビー

 212(木)18:30~,場所は未定(大阪梅田近辺で)

 314(土)11:30~,京都タワーホテル8Fロビー

Ⅲ.定例研究会

2008年度の今後の開催予定は以下の通りです。

(1)10月例会

下記の日本保健医療社会学会第198回関西定例研究会に相乗りという格好で開催します。なお,この研究会は予約不要・会費なしで,非学会員にもオープンされています。

・日時:20081011日(土) 13:00開場 / 13:30開演 / 17:30終演

・場所:キャンパスプラザ京都第2会議室(2F

京都市下京区西洞院通塩小路下ル

Tel 075-353-9111

JR京都駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側(駅より徒歩3分)

・第一発表:心光世津子(しんみつせつこ)氏(大阪大学医学系研究科保健学専攻助教)

"アルコール依存症になる"体験談をいかに語るか―『保健医療』しようとする私と『社会学』しようとする私の思考と志向―」

・第二発表:本田宏治(ほんだこうじ)氏(龍谷大学矯正・保護研究センター博士研究員)

「『わが子』のドラッグ使用を語る陥穽について」

・コメンテーター:清水新二氏(奈良女子大学)

・連絡先:樫田美雄(徳島大学総合科学部樫田研究室)

tel/fax 088-656-9308

URL http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/social/kasida/presentation/presentation.html

 (2)12月例会

・日時:2008126日(土) 13:00開場 / 13:30開演 / 17:00終演

・場所:キャンパスプラザ京都第2会議室(2F

・発表者:未定

●研究会後,忘年会を開催予定です。

 (3)3月例会

下記の日本保健医療社会学会関西定例研究会に相乗りという格好で開催します。なお,この研究会は予約不要・会費なしで,非学会員にもオープンされています。

・日時:2008314日(土) 13:00開場 / 13:30開演 / 17:30終演

・場所:キャンパスプラザ京都第2会議室(2F

京都市下京区西洞院通塩小路下ル

Tel 075-353-9111

JR京都駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側(駅より徒歩3分)

・発表:立命館大学大学院先端総合学術研究科メンバーによる難病患者(ALS,筋ジストロフィー)療養支援に関する調査報告

【第1発表】

発表者名:長谷川唯・堀田義太郎

発表タイトル:難病患者の地域生活移行支援における諸課題

要旨:病状の進行に伴い在宅独居生活が困難となった事例を通じて、安定した在宅療養生活を可能とする重層的な支援体制構築のための諸課題を、入院中における支援のあり方も含めて、制度的側面と非制度的側面の双方に留意しつつ、検討する。

【第2発表】

発表者名:仲口路子

発表タイトル:難病患者の地域生活支援における諸課題――退院から在宅へ

要旨:医療を要する進行性難病患者が地域で療養生活を営むことを決意したときの支援態勢における諸課題を、長期入院から退院して独居生活を始めたALS療養者を例として、おもにMSW・ケアマネージャーのかかわりを中心に分析する。

【第3発表】

発表者名:西田美紀

発表タイトル:難病患者の地域生活支援における心理的援助についての検討

要旨:医療を要する進行性難病患者が地域で療養生活を営むための心理的課題を、独居生活が困難となったALS療養者の事例を通して、エンパワーメントとアドボケートの必要性を再考しつつ、その困難さと課題について考察する。

【第4発表】

発表者名:伊藤佳世子

発表タイトル:長期療養患者の自立支援について――筋ジストロフィーの事例から

要旨:長期療養をしている筋ジストロフィー患者は病院併設の養護学校に通う頃から入院生活をはじめ、そのまま死亡退院するケースも少なくない。230年病院で過ごされている方が地域に戻るためにはいくつものハードルがある。実際に30年療養生活をして、その後に地域に戻った筋ジス患者の支援を通じ、病院を出ることを阻害するものを制度面、精神面、社会的な面から明らかにする。

(研究会幹事:黒田浩一郎)

Ⅳ.2009年春期ワークショップ

2009年春のワークショップを下記のように開催予定です。詳細は目下,企画中です。

・日時:2009328(土)午後~29(日)午前

・場所:関西(研究会会場+宿泊施設のあるところで)

・テーマ:未定

・進行:テーマを専攻領域とする研究者にファシリテイター役を依頼する。文献はファシリテイターと運営会議で選定し,そのコピーを参加者に事前に配布する。参加者は文献を事前に読んでおくことを参加条件とし,参加者の中から,何人かに文献の紹介担当を割り当てる。

(研究会幹事:黒田浩一郎)

Ⅴ.(文献紹介)Freidsonの専門職論の視座―新旧二著の比較から―

1 はじめに

Eliot Freidsonの専門職(profession)論は変化したといわれる。例えば市野川容孝は,Freidson1980年代にその論調を「一転」させたと指摘する。

1970年代はじめに「専門家支配」という批判を提示したフリードソンであったが,彼は,その後1980年代になると,一転して(医療)プロフェッションの再評価へと向かう(Freidson 1994)。患者の自己決定の尊重を揺るぎない原則として確認しつつも,フリードソンは,専門家と一般人の間の知識の不均衡が不可避のものとしてある以上,医療をたとえば「自由市場」原理で語り,一般の患者をそこに裸で放り出すようなことは回避すべきであり,提供される医療サービスの質をきちんと管理する責務を,医療プロフェッションは依然として果たさなければならないと主張する。……患者本人ではなく,結局は「第三者」にすぎない保険者や行政機関が,医療費削減を名目に課す,さまざまな制約に対抗して,医療プロフェッションの自律性や裁量権を保護することも必要であると述べている。(市野川 2002:27

こうした議論は,Freidsonの議論の変化を伝えると同時に,何が不変なのかという問題を提起する。Freidsonの議論に一貫性の存在することそれ自体は,これまでにも指摘されてきた。Charlse Boskは,Freidsonの追悼論文(Bosk 2006)において,彼が「因習的理解の回避」に一貫して努めてきたことを強調する。進藤雄三は,Freidsonは「プロフェッショナリズム」という「論理」の「運用」を批判しても,「論理」それ自体は批判しなかったと指摘している(進藤 2005:38-9)。

 本稿は,こうした指摘をふまえて,Freidsonの議論の不変の枠組の「中身」を検討したい。初期の著作であるProfession of Medicine1970)と晩年のProfessionalism2001)を比較することで,これを行う。なおFreidsonの術語はかなり変化しており,変化を一つ一つ追うと議論があまりに煩雑になるので,この点に関する言及は最小限にとどめる。

2 ディシプリンとしての専門職

Freidsonは,専門職の中核に学=ディシプリン(discipline)を見いだす。学における知識の生産(=研究)と生産された知識の応用を,専門職の営みの中核に位置付けるのである。Freidson1970)(以下「旧Freidson」)は,専門職の営みを「科学」すなわち「方法的基礎に基づいて収集・テストされた共有知」の生産,および,そうして生産された科学的知識の応用からなる営みと見なす(Freidson 1970:347)。Freidson2001)(以下「新Freidson」)もまた,学の知識生産と応用を併せてdisciplineと呼び,やはり専門職の主たる営みと見なす。ここでdisciplineとは「定義付けられ,知的に処理された知識・スキルの実践」であり,この「実践」には研究も含まれる(Freidson 2001:198)。なお以下では「ディシプリン」という語をFreidson2001)の用法にならって用いる。

Freidsonは,専門職の存立には国家が深く関わっていることを指摘する。ディシプリンがディシプリンとして成立するためには,外部からの干渉をある程度排除しなければならない。外部から干渉されているようでは,「方法的基礎」に律せられた研究も,学の知識に忠実な応用もままならないだろう。こうした外部の干渉の制度的排除,すなわち「組織化された自律性」(Freidson 1970:369)あるいは「プロフェッショナリズム」=「職業成員が仕事をコントロールできる制度的状況」(Freidson 2001:198-202)は,国家による支持ないし承認抜きにはあり得ないというのが新旧Freidsonの認識である(Freidson 1970:44-46Freidson 2001:138-141)。

Freidsonによると,こうした外部の干渉の排除を正当化するのが,専門職の営みの規律性(diciplineには「規律」という含みもある)である(Freidson 1970:137Freidson 2001:213-216)。しかし,必ずしも専門職の自己規律は喧伝されている程のものではないというのが,新旧Freidsonの共通認識である。旧Freidsonは,米国の医療専門職に関して「自己規制(self-regulation)」すなわち成員のパフォーマンスの評価・コントロールはあまり有効に機能していないと指摘する(Freidson 1970:137-57)。特に知識の応用面において,自己規制の機能不全が観察されるという。そのため旧Freidsonは「知識を発展させる自律」はともかく「その知識を応用する実践様式を決定する自律」を専門職に与えることは「不適切」であるとまで主張する(Freidson 1970:371)。新Freidsonもまた,専門職とそれに関連する諸制度は「複雑・秘儀的な知識・スキルを具えた職業を育成し,コントロールするという専門的問題を解決することに失敗している」と指摘する(Freidson 2001:220)。

専門職の自己規制が機能しない理由について,専門職の成員が私利私欲に駆られているから,という通俗的な説明をFreidsonはとらない。旧Freidsonは,医師の「責任感」の強さを強調する(Freidson 1970:161-2)。新Freidsonもまた同様である。専門職の成員は「同業者からの尊敬」という「象徴的報酬」を求める。市場における競争からの成員の保護は「同業者の尊敬を得るための競争,すなわち仕事の質とディシプリンの発展と実践への貢献に対する賞賛をめぐる競争を強化する可能性がある」と指摘するのである(Freidson 2001:203)。

それでは,どうして自己規制は機能しないのか。旧Freidsonは,臨床医を念頭に次のように論じる。医師は,その責任感(目の前の患者を何とかしたい)の強さゆえに,臨床現場で医学的知識・技術の限界を痛感する。現行の知識・技術では治療できない疾患もあるし,各事例には「科学法則・一般原則」では対応できない程のバリエーションがある。そして医学が一般的に「有効」と主張する治療が,個々の事例において有効か否かは不確定である。各医師は,各自は自らの「直接の臨床経験(firsthand clinical experience)」に頼ることで,知識・技術と臨床現場の状況のギャップを埋めようとする。このため医師は,各自の経験を臨床における諸々の判断基準として重視する。このことは同業者との関係において他者の判断を尊重すること,つまりは他者の判断に干渉しないことを良しとする態度に結びつく。この態度が自己規制を弱める要因になる(Freidson 1970:162-4)。新Freidsonには自己規制への言及は少ない。しかし,学の知識の応用の実践は単なる学の知識の応用ではないことを指摘していること(Freidson 2001:33),専門職の営みの「コントロール」を「失敗」と評していることから(Freidson 2001:220),この点に関するFreidsonの認識に変更はないと思われる。

Freidsonは,こう主張してきたといえよう。専門職の中核にはディシプリンがあり,それは外部からの干渉を制度的に排除することで成立している。しかし専門職の営みの規律性は,外部の干渉の排除を正当化できるものではない。

3 道徳事業としての専門職

「ディシプリンとしての専門職」に加えて「道徳事業としての専門職」という視点も,Freidsonの議論にはみられる。旧Freidsonは「道徳事業家(moral entrepreneur)」としての専門家という論点を強調する。例えば病気の診断・治療も,特定の道徳的判断(何が望ましく何が望ましくないのかの判断)を含んでおり,特定の道徳の実現をめざす行為,つまり道徳事業であると指摘するのである(Freidson 1970:252-255)。新Freidsonもまた専門職の営みの道徳性を強調する。「ディシプリンの技術内容」は,各専門職の依拠する「超越的価値(transcendent value)」によって「道徳的内実」が与えられると指摘するのである(Freidson 2001:221-222)。

新旧Freidsonでは,専門職の道徳事業性に対する評価は正反対であるようにみえる。旧Freidsonは,専門職による「新たな専制の危機」を警告する。「人道主義的」修辞を駆使し,「自らの価値を他者に押しつける」「専制の危機」である(Freidson 1970:381)。

専門家が,人々に指示する権威を獲得し,さらには自らの価値に基づいて人々を拘束するなら,彼らはもはやエキスパートではない。エキスパートのふりをした新しい特権階級なのだ。(Freidson 1970:382

他方新Freidsonは,専門職の営みの道徳事業性を守ることが「義務」であると主張する。Freidson2001)の結びには,次のようにある。

〔専門家たちに〕自らのディシプリンの知識・技術の所有者としての権利はない。しかし道徳的遺産相続者(moral custodians)としての義務は負わなければならないのである。(Freidson 2001:222

新旧Freidsonの主張は正反対にみえる。しかし本当に正反対なのか。まずFreidson自身の価値判断の基準が不変であることを確認しておこう。旧Freidsonは「道徳企業家であることは万人の特権」であると主張し,この意味での「道徳的平等」によって特徴付けられる「自由な社会」を擁護する立場をとる(Freidson 1970:335-340)。新Freidsonはどうか。同書に明確な記述はない。Boskは,Freidsonが「国境なき医師団,Human Right WatchElectronic Frontier Foundationへの遺産寄付を希望していたことに触れて,彼が「市民的自由(civil liverty)」への価値を生涯奉じていたと指摘している(Bosk 2006:646)。Freidsonは一貫して「自由な社会」ないし「市民的自由」にコミットしてきたのである。

Freidsonは自由を重視する観点から専門職を評価するのだが,新旧Freidsonでは念頭においている状況が異なる。旧Freidsonは,国家とタッグを組んだ専門職対公衆という構図を想定している。旧Freidsonは「国家は,公衆が認知するニーズにどのように応えるかだけではなく……公衆は何を本当のところ求めているのかに関しても専門職の党派的意見を求めるようになった」と指摘する。そして,このことを通じて専門職の道徳が公衆に押しつけられることを指して「専制の危機」と表現したのである(Freidson 1970:350)。他方,新Freidsonは「プロフェッショナリズム(professionalism)」対「マネイジャリズム(managerism)」および「コンシューマリズム(consumerism)」というイデオロギー対立を想定している。プロフェッショナリズムは,政策論議においても実際の制度的状況においても,後二者に押され気味である。専門職は,マネイジャリズムを体現する企業に奉仕する「単なる技術的エキスパート」に堕しかねない状況にある(Freidson 2001:212)。そうなれば企業に都合の良い価値・道徳が,公衆に押しつけられる傾向が強まるだろう。これもやはり自由の危機である。そうなるより,専門職は「超越的価値」の奉仕者にとどまり,マネイジャリズムの覇権に対抗する方が自由の擁護という観点から望ましい。これが新Freidsonの判断であると思われる。

以上のように新旧Freidsonは,共に自由の擁護という観点から,道徳事業としての専門職を評価している。新旧Freidsonでは,専門職の道徳事業性の評価が正反対にみえるが,それは想定されている状況ないし問題――国家と専門職の強固なタッグを想定するか(旧Freidson),マネイジャリズム・コンシューマリズムに押されるプロフェッショナリズムを想定するか(新Freidson)――の違いに由来するのである。

4 おわりに

Freidsonの依拠してきた枠組は,以下の命題に要約されよう。①専門職の中核には,規律化された知識の生産・応用=ディシプリンがある。②このディシプリンの存立は,外部からの干渉の制度的排除(国家の支持・承認に基づくもの)にかかっている。③外部からの干渉の排除を正当化するのは,専門職の営みの規律性である(ただし,実際に観察される規律性は,干渉の排除を正当化する程のものではない)。④専門職の営みは,道徳事業としての特性を有する。⑤この道徳事業は,自由の擁護という観点から評価されるべきである。

一貫してFreidsonは,この枠組を視座として専門職を論じてきた。ただし,議論で想定されている状況・問題は様々である。想定された状況・問題の違いが,彼の論調の変化を生みだしてきたのであろう。

参考文献

Bosk,Charles, 1979, Forgive and Remember: Managing Medical Failure, Chicago, London University of Chicago Press.

Bosk, Charles, 2006, "Review Essay: Aboiding conventional understandings: the enduring legacy of Eliot Freidson", Sociology of Health and Illness, 28(5), pp637-653.

Freidson, Eliot, 1970, Profession of Medicine: A Study of the Sociology of Applied Knowledge , Chicagoand London, The University of Chicago Press.

Freidson, Eliot, 1994, Professionalism Reborn: Theory, Prophecy, and Policy, Oxford, Polity Press.

Freidson, Eliot, 2001, Professionalism: The Third Logic, Chicago, The University of Chicago Press.

市野川容孝,2002,「医療プロフェッション」,市野川容孝編,『生命倫理とは何か』,平凡社,pp22-29

進藤雄三,2005,「医療専門職とコントロール――『自律性』の社会的規定の考察に向けて」宝月誠・進藤雄三編,『社会的コントロールの現在――新たな社会的世界の構築をめざして』,世界思想社,pp23-41

(龍谷大学:中川輝彦)

Ⅵ.会員自己紹介―中川輝彦(龍谷大学社会学部特任講師)―

自己紹介ということで,ここでは現在進めている研究「心理学の社会学」について書きたいと思います。

この研究の理論枠組となるのは専門職論である。専門職論にも色々あるが,その主題の一つは,大学を中心に制度化された知識の生産・応用の職業化された営みである。そうした知識の生産・応用の営みが,どのように組織化され,どのような機能を果たしているのかを,医療などを事例に問うてきたのである。

「専門職」をキーワードとすることで「心理学の社会学」は「『職業としての心理学』の社会学」になる。「心理学」という職業化された知識生産・応用の営みの組織化と機能を解明することが,その課題である。現在は,心理学の応用部門,特に心理療法・カウンセリングを仕事としている人々の調査研究を進めている。同時に調査を通じて,理論枠組である専門職論の洗練も試みている。

どうして「『職業としての心理学』の社会学」なのか。「職業としての心理学」は,近代社会にアプローチするための「窓」である。「心」についての思索は近代に限った営みではないだろうが,心理学という学=ディシプリンが成立し,その応用も含め, て職業化されるというのは,間違いなく新しい。この「新しさ」の探求から「近代」のある側面を描けるのではないか。

また「職業としての心理学」は「職業としての社会学」を映す「鏡」でもある。同じようなトピックを扱いつつ,何かというと「社会」を持ちだす社会学に対して「心理」を持ちだす心理学は好対照である。社会学は,いわば「ライバル」を「鏡」とすることで,新たな自己認識を得られるのではないか。

こうした事情から,現在,研究は二つの作業の反復になっている。二つとは,「職業としての心理学」を社会学という「鏡」に映す(=社会学的に記述する)作業と,そうして描かれた「心理学」を今度は「鏡」として「職業としての社会学」を映す――ただし体系的な「社会学の社会学」には至っていない――作業である。

(龍谷大学:中川輝彦)

Ⅶ.入会のお誘い

研究会の目指すものの実現にご協力頂けるという方,あるいは研究会の活動から何らか得るところがあるという方の研究会への加入を求めます。「Ⅰ.創刊の辞」に書いたような,(1)研究会活動の少なくとも1つに参加していただくことと,(2)研究会のメーリングリストsocio-medに登録していただくことが研究会への加入条件です。加入を希望される方は,下記の要領で加入申請をお願いいたします。

・加入したい旨のメールを

・宛先は,socio@med.email.ne.jp

・件名を「医療社会学研究会参加希望」に

・本文に氏名,所属,ML登録希望アドレスを記入して

お送り下さい。

(研究会幹事:黒田浩一郎)

智尚简介  |  诚聘英才  |  联系我们  |  友情链接
版权所有:@2007-2009 智尚 电话:0760-86388801 客服QQ:875870576
地址:广东中山市学院路1号 邮编:528402 皖ICP备10002124号
  • 境外将美元汇入中国方法渠道方式
  • 财产、厂房和设备按照IAS16审计
  • IFRS:國際財務報告準則
  • IFRS:國際財務報告準則
  • 德国酒店中德两国文化的交融和冲突
  • 工业翻译中译英考试题目
  • Introduction to en
  • 从汉法主要颜色词汇的文化内涵看两国文
  • Un problème chez &
  • INTERNATIONAL AND
  • IHRM Individual re
  • НАЦИОНАЛЬНО-КУЛЬТУ
  • ТЕОРЕТИЧЕСКИЕ ОСНО
  • SPE会议论文翻译
  • Project Proposal 地
  • 中国意大利家用电器领域合作的可能性和
  • Career Goal与Career
  • Caractéristiques e
  • L'influence de l'S
  • 英语口语教学改革途径测试与分析
  • 语用学理论与高校英语阅读教学
  • 日本语研究计划书写作申请
  • To Whom it May Con
  • 译文中英对照葡萄酒产品介绍
  • 韩国传统用餐礼节
  • 日本語の暧昧語婉曲暧昧性省略表現以心
  • 研究计划书写作要求
  • Outline Impact of
  • 计算机工程与网络技术国际学术会议EI
  • 微软的人脸3D建模技术 Kinect
  • Qualitative resear
  • 新闻的感想
  • 与老师对话的测验
  • 韩语论文修改意见教授老师
  • 华南师范大学外国语言文化学院英语专业
  • APA论文写作格式
  • the surrounding en
  • Современное состоя
  • CHIN30005 Advanced
  • The APA Harvard Sy
  • Annotated Bibiolgr
  • Acker Merrall & Co
  • 资生堂进入中国市场的经营策略
  • Introduction to Pu
  • 软件测试Introduction t
  • Pro Ajax and java
  • 用户体验The user exper
  • AJAX Design Patter
  • The Rich Client Pl
  • Keyframer Chunks
  • 3D-Studio File For
  • Mathematics for Co
  • The Linux MTD, JFF
  • 中日体态语的表现形式及其差异
  • CB 202 System Anal
  • 论日本恐怖电影与好莱坞恐怖片的异同
  • 俄语论文修改
  • 古典诗歌翻译英语论文资料
  • <한중
  • 公司治理(Corporate Gov
  • 英语习语翻译中的移植与转换
  • 日语(上) 期末复习题
  • ACTIVIDAD CORRESPO
  • 리더&#
  • 购物小票翻译
  • 论文摘要翻译英文
  • Bedeutung der Prod
  • ELABORACIÓN
  • 英语考卷代写代做
  • 日本語の感情形容詞の使用特徴——ドラ
  • 未来創造学部卒業研究要領
  • 光之明(国际)低碳产品交易中心介绍
  • 中国の茶文化と日本茶道との比較—精神
  • 목차
  • Final Project Grad
  • 東京学芸大学>センターなど教員許 夏
  • 東京学芸大学 大学院教育学研究科(修
  • 白澤論
  • ポスト社会主義モンゴルにおけるカザフ
  • 言語と色彩現象—史的テクストをもとに
  • 渡来人伝説の研究
  • 中日企业文化差异的比较
  • Modellierung des B
  • 日本大学奖学金申请
  • 大学日语教师尉老师
  • 석사&#
  • Chemical Shift of
  • 中韩生日习俗文化比较
  • Measure of Attachm
  • 酒店韩国客人满意度影响因素研究
  • 要旨部分の訂正版をお送りします
  • Writing and textua
  • 日本企業文化が中国企業にもたらす啓示
  • 日本情报信息专业考试题
  • 雅丽姿毛绒时装有限公司网站文案(中文
  • 語用論の関連性理論「carston」
  • 組織行動と情報セキュリティ.レポート
  • Bedarf
  • 中日企业文化差异的比较
  • 从语形的角度对比中日“手”语义派生的
  • 中国明朝汉籍东传日本及其对日本文化的
  • 《中日茶道文化比较》
  • 从中日两国电视剧看中日文化之差异
  • FOM Hochschule für
  • Die Rolle der Bank
  • A Penny for Your T
  • 也谈ガ行鼻浊音的语音教学问题
  • On the Difference
  • 衣装は苗族の伝統文化の主な表現形式
  • 日语语言文学硕士论文:日本の义务教育
  • 日本的茶文化
  • Samsung Electronic
  • Synthesis and char
  • The traveling mark
  • The Japanese Democ
  • 四季の歌
  • CapitoloI La situa
  • The Effects of Aff
  • WEB服务安全保障分析
  • 音译汉语和英语的相互渗透引用
  • 中日两国服装贸易日语论文写作要求
  • 日语论文修改意见
  • 英语作文题目
  • 申请留学社会经验心得体会
  • BE951 Coursework O
  • Overview township
  • 日本の長寿社会考察
  • 日语老师教师电话联系方式
  • 「依頼」に対する中上級者の「断り」に
  • 日本語序論
  • component formatti
  • 日文文献资料的查阅方法
  • 日文文献资料的查阅方法
  • 日语文献检索日文文献搜索网站
  • 日本留学硕士及研究生的区别硕士申请条
  • Adult attachment s
  • レベルが向上する中国の日本学研究修士
  • 日本留学硕士(修士)与研究生的区别
  • Nontraditional Man
  • Engine Lathes
  • Automatic Screw M
  • Chain Drives
  • V-belt
  • Bestimmung der rut
  • 中山LED生产厂家企业黄页大全
  • 活用神话的文化背景来看韩国语教育方案
  • MLA論文格式
  • 旅游中介
  • MLA论文格式代写MLA论文
  • 小論文參考資料寫作格式範例(採APA
  • clothing model; fi
  • 共同利用者支援システムへのユーザー登
  • 太陽風を利用した次世代宇宙推進システ
  • RAO-SS:疎行列ソルバにおける実
  • 井伏鱒二の作品における小動物について
  • 從“老祖宗的典籍”到“現代科學的証
  • “A great Pecking D
  • 净月法师简历
  • 科技论文中日对照
  • 翻译的科技论文节选
  •  IPY-4へ向ける準備の進み具合
  • 論文誌のJ-STAGE投稿ʍ
  • Journal of Compute
  • 学会誌 (Journal of Co
  • 学会誌JCCJ特集号への投稿締切日の
  • 「化学レポート:現状と将来」
  • 韩语翻译个人简历
  • 九三会所
  • 事態情報附加連体節の中国語表現につい
  • International Bacc
  • HL introduction do
  • コーパスを利用した日本語の複合動詞の
  • 日语分词技术在日语教材开发中的应用构
  • 北極圏環境研究センター活動報告
  • 语用学在翻译中的运用
  • 日汉交替传译小议——从两篇口译试题谈
  • 総合科学専攻における卒業論文(ミニ卒
  • Heroes in August W
  • 玛雅文明-西班牙语论文
  • 西班牙语论文-西班牙旅游美食建筑
  • 八戸工業大学工学部環境建設工学科卒業
  • 親の連れ子として離島の旧家にやって来
  • 「米ソ協定」下の引揚げにおいて
  • タイトル:少子化対策の国際比較
  • メインタイトル:ここに入力。欧数字は
  • 東洋大学工学部環境建設学科卒業論文要
  • IPCar:自動車プローブ情報システ
  • Abrupt Climate Cha
  • Recognition of Eco
  • Complexities of Ch
  • Statistical Analys
  • Dangerous Level o
  • 中日对照新闻稿
  • 俄汉语外来词使用的主要领域对比分析
  • 两种形式的主谓一致
  • 韩语论文大纲修改
  • 중국&#
  • 俄语外来词的同化问题
  • 北海道方言中自发助动词らさる的用法与
  • 论高职英语教育基础性与实用性的有机结
  • 论高职幼师双语口语技能的培养
  • 论高职幼师英语口语技能的培养
  •     自分・この眼&
  • 成蹊大学大学院 経済経営研究科
  • アクア・マイクロ
  • 公共経営研究科修士論文(政策提言論文
  • 基于学习风格的英语学习多媒体课件包
  • 后殖民时期印度英语诗歌管窥
  • 汉语互动致使句的句法生成
  • 笔译价格
  • 携帯TV電話の活用
  • 英語学習におけるノートテイキング方略
  • 強化学習と決定木によるエージェント
  • エージェントの行動様式の学習法
  • 学習エージェントとは
  • 強化学習と決定木学習による汎用エージ
  • 講演概要の書き方
  • 对学生英语上下义语言知识与写作技能的
  • 英汉词汇文化内涵及其翻译
  • 论大学英语教学改革之建构主义理论指导
  • 国内影片片名翻译研究综观及现状
  • 平成13年度経済情報学科特殊研究
  • Comparison of curr
  • 英文论文任务书
  • This project is to
  • the comparison of
  • デジタルペンとRFIDタグを活用した
  • 無資格者無免許・対策関
  • 創刊の辞―医療社会学の通常科学化をめ
  • gastric cancer:ade
  • 揭示政治语篇蕴涵的意识形态
  • 试论专业英语课程项目化改革的可行性
  • 多媒体环境下的英语教学交际化
  • 翻译认知论
  • 读高桥多佳子的《相似形》
  • 以英若诚对“Death of A S
  • 论沈宝基的翻译理论与实践
  • 论语域与文学作品中人物会话的翻译
  • 浅析翻译活动中的文化失衡
  • 谈《傲慢与偏见》的语言艺术
  • 论语言结构差异对翻译实效性的影响
  • 英语传递小句的认知诠释
  • 英语阅读输入的四大误区
  • 在语言选择中构建社会身份
  • 私たちが見た、障害者雇用の今。
  • 震災復興の経済分析
  • 研究面からみた大学の生産性
  • 喫煙行動の経済分析
  • 起業の経済分析
  • 高圧力の科学と技術の最近の進歩
  • 「観光立国」の実現に向けて
  • 資源としてのマグロと日本の動向
  • 揚湯試験結果の概要温泉水の水質の概要
  • 計量史研究執筆要綱 
  • 日中友好中国大学生日本語科卒業論文
  • 제 7 장
  • 전자&
  • 現代國民論、現代皇室論
  • 記紀批判—官人述作論、天皇宗家論
  • 津田的中國觀與亞洲觀
  • 津田思想的形成
  • 反思台灣與中國的津田左右吉研究
  • 遠隔講義 e-learning
  • 和文タイトルは17ポイント,センタリ
  • Design And Impleme
  • Near-surface mount
  • 중국 &
  • 韩国泡菜文化和中国的咸菜文化
  • 무한&#
  • 수시 2
  • 韩流流向世界
  • 무설&#
  • 要想学好韩语首先得学好汉语
  • 사망&#
  • Expression and Bio
  • Increased Nuclear
  • 论女性主义翻译观
  • 健康食品の有効性
  • 日语的敬语表现与日本人的敬语意识
  • 日语拒否的特点及表达
  • Solve World’s Prob
  • 韩汉反身代词“??”和“自己”的对比
  • 韩汉量词句法语义功能对比
  • 浅析日语中的省略现象
  • 浅谈日语中片假名的应用
  • 土木学会論文集の完全版下印刷用和文原
  • 英语语调重音研究综述
  • 英汉语言结构的差异与翻译
  • 平等化政策の現状と課題
  • 日本陸軍航空史航空特攻
  • 商务日语专业毕业生毕业论文选题范围
  • 家庭内暴力の現象について
  • 敬语使用中的禁忌
  • Treatment of high
  • On product quality
  • Functional safety
  • TIDEBROOK MARITIME
  • 日文键盘的输入方法
  • 高职高专英语课堂中的提问策略
  • 对高校学生英语口语流利性和正确性的思
  • 二语习得中的文化错误分析及对策探讨
  • 高职英语专业阅读课堂教学氛围的优化对
  • 趣谈英语中的比喻
  • 浅析提高日语国际能力考试听力成绩的对
  • 外语语音偏误认知心理分析
  • 读格林童话《小精灵》有感
  • “新世纪”版高中英语新课教学导入方法
  • 初探大学英语口语测试模式与教学的实证
  • 中加大学生拒绝言语行为的实证研究
  • 目的论与翻译失误研究—珠海市旅游景点
  • 对学生英语上下义语言知识与写作技能的
  • 英语水平对非英语专业研究生语言学习策
  • 英语教学中的文化渗透
  • 中学教师自主学习角色的一项实证研究
  • 叶维廉后期比较文学思想和中诗英译的传
  • 钟玲中诗英译的传递研究和传递实践述评
  • 建构主义和高校德育
  • 论习语的词法地位
  • 广告英语中的修辞欣赏
  • 从奢侈品消费看王尔德及其唯美主义
  • 论隐喻的逆向性
  • 企盼和谐的两性关系——以劳伦斯小说《
  • 论高等教育大众化进程中的大学英语教学
  • 试论《三四郎》的三维世界
  • 李渔的小说批评与曲亭马琴的读本作品
  • 浅谈中国英语的表现特征及存在意义
  • 湖南常德农村中学英语教师师资发展状况
  • 海明威的《向瑞士致敬》和菲茨杰拉德
  • 围绕课文综合训练,培养学生的写作能力
  • 指称晦暗性现象透析
  • 西部地区中学生英语阅读习惯调查
  • 论隐喻的逆向性
  • 认知体验与翻译
  • 试析英诗汉译中的创造性
  • 言语交际中模糊语浅议
  • 认知体验与翻译
  • 关于翻译中的词汇空缺现象及翻译对策
  • 从互文性视角解读《红楼梦》两译本宗教
  • 从目的论看中英动物文化词喻体意象的翻
  • 高校英语语法教学的几点思考
  • 高校体艺类学生外语学习兴趣与动机的研
  • 大学英语自主学习存在的问题及“指导性
  • 从接受美学看文学翻译的纯语言观
  • 《红楼梦》两种英译本中服饰内容的翻译
  • 法语对英语的影响
  • 影响中美抱怨实施策略的情景因素分析
  • 代写需求表
  • 跨文化交际中称赞语的特点及语言表达模
  • 实现文化教育主导外语教育之研究
  • 试论读者变量对英语阅读的影响
  • 从文化的角度看英语词汇中的性别歧视现
  • 合作原则在外贸函电翻译中的运用
  • Default 词义探悉
  • 从图示理论看英汉翻译中的误译
  • 许国璋等外语界老前辈所接受的双语教学
  • “provide” 和 “suppl
  • 由英汉句法对比看长句翻译中的词序处理
  • 1000名富翁的13条致富秘诀中英对
  • 英语中18大激励人心的谚语中英对照
  • 反省女性自身 寻求两性和谐---评
  • 浅析翻译中的“信”
  • 集体迫害范式解读《阿里》
  • 横看成岭侧成峰-从美学批评角度解读《
  • 福柯的话语权及规范化理论解读《最蓝的
  • 播客技术在大学英语教学中的应用
  • 如何在山区中等专业学校英语课堂实施分
  • 奈达与格特翻译理论比较研究
  • 语篇内外的衔接与连贯
  • Economic globaliza
  • 用概念整合理论分析翻译中不同思维模式
  • 英语新闻语篇汉译过程中衔接手段的转换
  • 对易卜生戏剧创作转向的阐释
  • 动词GO语义延伸的认知研究
  • 反思型教师—我国外语教师发展的有效途
  • 输入与输出在词汇学习中的动态统一关系
  • 教育实践指导双方身份认同批判性分析
  • 中英商务文本翻译异化和归化的抉择理据
  • 从艺术结构看《呼啸山庄》
  • 从儒家术语“仁”的翻译论意义的播撒
  • 论隐喻与明喻的异同及其在教学中的启示
  • 话语标记语的语用信息在英汉学习型词典
  • 论森欧外的历史小说
  • 翻译认知论 ——翻译行为本质管窥
  • 中美语文教材设计思路的比较
  • 美国写作训练的特点及思考
  • UP语义伸延的认知视角
  • 成功的关键-The Key to S
  • 杨利伟-Yang Liwei
  • 武汉一个美丽的城市
  • 对儿童来说互联网是危险的?
  • 跨文化交际教学策略与法语教学
  • 试论专业英语课程项目化改革的可行性-
  • 论沈宝基的翻译理论与实践
  • 翻译认知论——翻译行为本质管窥
  • 母爱的虚像 ——读高桥多佳子的《相似
  • 浅析英语广告语言的特点
  • 中国の株価動向分析
  • 日语拒否的特点及表达
  • 日语的敬语表现与日本人的敬语意识
  • 浅析日语中的省略现象
  • 浅谈日语中片假名的应用
  • 浅谈日语敬语的运用法
  • 浅谈日语会话能力的提高
  • ^论日语中的年轻人用语
  • 敬语使用中的禁忌
  • 关于日语中的简略化表达
  • 关于日语的委婉表达
  • The Wonderful Stru
  • Of Love(论爱情)
  • SONY Computer/Notb
  • 从加拿大汉语教学现状看海外汉语教学
  • MLA格式简要规范
  • 浅析翻译类学生理解下的招聘广告
  • 日本大学排名
  • 虎头虎脑
  • 杰克逊涉嫌猥亵男童案首次庭审
  • Throughout his car
  • June 19,1997: Vict
  • 今天你睡了“美容觉”吗?
  • [双语]荷兰橙色统治看台 荷兰球员统
  • Father's Day(异趣父亲节
  • 百佳电影台词排行前25名
  • June 9,1983: Thatc
  • June 8, 1968: Robe
  • 60 players mark bi
  • June 6, 1984: Indi
  • 日本の専門家が漁業資源を警告するのは
  • オーストリア巴馬は模範的な公民に日本
  • 日本のメディアは朝鮮があるいは核実験
  • 世界のバレーボールの日本の32年の始
  • 日本の国債は滑り降りて、取引員と短い
  • 广州紧急“清剿”果子狸
  • 美国“勇气”号登陆火星
  • 第30届冰灯节哈尔滨开幕
  • 美国士兵成为时代周刊2003年度人物
  • BIRD flu fears hav
  • 中国チベット文化週間はマドリードで開
  • 中国チベット文化週間はマドリードで開
  • 中国の重陽の文化の発祥地──河南省西
  • シティバンク:日本の国債は中国の中央
  • イギリスは間もなく中国にブタ肉を輸出
  • 古いものと新しい中国センター姚明の失
  • 中国の陝西は旅行して推薦ӥ
  • 中国の電子は再度元手を割って中国の有