论文代写-英语日语韩语德语俄语法语
论文翻译-英语日语韩语德语俄语法语
论文修改-英语日语韩语德语俄语法语
代写作业代考试题考卷-英语日语韩语德语俄语法语
作文报告申请书文章等代写-英语日语韩语德语俄语法语
研究计划书代写-英语日语韩语德语俄语法语
西班牙语意大利语论文代写翻译修改
论文发表-英语日语韩语德语俄语法语
英语 English
日语 日本語
韩语한국의
法语 Français
德语 Deutsch
俄语 Pусский
西语 Español
意语 Italiano
·英语论文 ·日语论文
·韩语论文 ·德语论文
·法语论文 ·俄语论文

名称:智尚工作室
电话:0760-86388801
传真:0760-85885119
手机(微信):13380876598
地址:广东中山市学院路1号
网址:www.zsfy.org
E-Mail:cjpdd
@vip.163.com
商务QQ:875870576
微信二维码

业务联系
隐藏文章
高圧力の科学と技術の最近の進歩
添加时间: 2011-3-20 9:33:59 来源: 作者: 点击数:6968

原稿の作成例

ver. 20051030

和文題目

英文題目

ページ番号を記入

高圧力の科学と技術の最近の進歩

Recent Advances in High Pressure Science and Technology

著者名(日本語)

夢野 花子[1, *]    圧力 太郎[1, 2]

著者名(英語)

Hanako YUMENO[1, *]       Taro ATSURYOKU[1, 2]

著者所属(日本語)

[1] 156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40日本大学文理学部 物理学科

著者所属(英語)

[1] College of Humanities and Sciences, Nihon University, 3-25-40 Sakurajosui, Setagaya-ku, Tokyo 156-8550

著者所属(日本語)

[2] 501-1193 岐阜市柳戸1-1 岐阜大学工学部 機能材料工学科

著者所属(英語)

[2] Department of Materials Science and Technology, Gifu University, 1-1 Yanagido, Gifu 501-1193

電子メールアドレス

[*] Electronic address: koatsu@mbox.kyoto-inet.or.jp

Abstract

In this article, recent advances in the fundamental and applied high pressure researches were reviewed. It was described how efficiently modern observation techniques and theories were combined with high pressure to get insight into the properties of solids, liquids, and gases on the molecular level and to explore new materials and underlying rules which could not be unveiled without the application of high pressure available in each phase of materials.

Key words

DAC, dielectric constant, viscosity, equation of state, phase transition, chemical reaction, NMR, pulse laser spectroscopy

1. はじめに

ダイヤモンドアンビルセル(DAC)による超高圧実験は(たとえば[1]の総説),大型プレス装置に較べ,装置が簡便であることや圧力発生が容易であること,また圧力測定がルビー蛍光法などにより手軽かつ正確に行えるということから,………………………………

2. レーザー加熱の特色と問題点

レーザー加熱はMing and Bassett (1974)[6]によりパルスルビーレーザーおよび連続発振YAG……………………………………………………………………………………………………

…………………………………………

3. 改良レーザー加熱DAC

3.1 試料構成

まず大きな変更点として,出力の大きなCO2レーザー(Max. 120 W)を導入した点が上げられる。これにより,試料加熱領域を広くとることが可能となり,全体の試料表面積中(150-200 mmf)………………………………………………………………………………

椭圆: Fig. 4
カラー
3.2 光学系

Fig. 4が現在我々の研究室で使用している光学配置である。また,光学系でのDACの周辺の写真を………………………………………………………………………


図の挿入位置の指定。

カラーの場合は「カラー」と記載する。モノクロの場合は無指定。

      

      

      

      

      

      

      

      

5. おわりに

高温高圧実験の温度,圧力の発生領域は,いままで,その要所要所における技術的なブレークスルーと…………………………………………………………………………